History of BUFF.

  • alt text
  • alt text
  • alt text
  • alt text
  • alt text
  • alt text

カースト制度があったネパールでは 牛の解体や革のなめし等を行う人々は
『サルキ』と呼ばれ 下の階級に属されていました。そして 彼らは長い間差別のような扱いを受けてきたのです。

1990年に民主化となり現在法律上ではカースト制度は撤廃になりましたが、今でも人々の心の中にある滞在的な偏見が抜け切れないのが現実です。
しかし 市場自由化の流れの中で彼らの中から経済強者となる人も現れてきています。

私たちが出会ったクラフトマンも『サルキ』とよばれていた方々です。

彼らのものづくりに感動した私たちは工房に行ってみたいとお願いしました。すると彼らは快く承諾し私たちを町外れの小さな工房へと案内してくれました。

そこでは数名のクラフトマン達が足踏みミシンを上手に使いカバンを制作しています。
停電の多いネパールでは電動の道具はほとんど使う事が出来ません。決して豊かな環境ではないけれど、彼らは昔ながらの道具と知恵を使い、とても楽しそうに穏やかにカバンを作っていました。

彼らのものづくりにはプライドとたくさんの愛情がつまっています。